経理会計業務専用AI-OCR
Robota

「経理、その先へ」
AIで生産性を向上

Robotaについて

「Robota」はファーストアカウンティング株式会社による
経理業務の効率化ソリューション・サービスです。

これまで多くの時間と人手を要した経理業務を、AIが解決。
金額の入力、勘定科目の仕訳、データのチェックなど、経理のあらゆるステップに特化した複数のAIによって、手作業の約10倍のスピードでの処理を実現します。

一般的に70%程度と言われている経費申請の入力精度を、AIによるデータのチェックにより、95%以上の高い読取精度を実現するRobotaで向上。スピードだけでなく、目視を上回る正確性で、入力ミスを未然に防ぎます。

経理の負担を軽減し、貴社の生産性向上を支援いたします。

Robotaにできること

領収書Robota/請求書Robota/預金通帳Robota

入力業務の削減

仕訳Robota

勘定科目を自動で判定

確認Robota

正確性をAI自らチェック

台紙切取Robota

縦横、複数の書類も一度でスキャン

Robotaが選ばれる理由

Reason
01

現場の起票の手間を削減

Robotaなら、あらゆる証憑書類の形式をあらかじめ学習したAIを活用し、貴社の経理の現場ですぐに高いパフォーマンスを発揮できます。

仕訳 Robota
手間なくローコストで導入可能
Reason
02

経理部での確認作業を削減

データの正確さを自動でチェックするロジックチェック機能を備えた確認Robotaや、AIの自信を「信頼度」として数値化することで、経理部門での確認作業を削減できます。

Reason
03

AI不正牽制による支出削減

Robotaは領収書の読み取りだけでなく、不正牽制を行うことができます。

長く使うほどに自動化の精度が向上

導入事例のご紹介

会計情報のフィードバックを1か月から2週間以内に短縮|株式会社エフアンドエム

2020-07-14

エフアンドエム様のAI-OCRを搭載している「領収書Robota」導入事例をご紹介します。中堅中小企業や個人事業主の会計サービス業務や財務・労務部門のコンサルティング業務などの支援を行っているエフアンドエムは、AI-OCRを搭載した「領収書Robota」により事務の迅速化を実現しているエフアンドエムが支援する顧客は9割以上が期限内での確定申告を無事済ませることができました。

SBモバイルサービス株式会社様|導入事例

2020-04-14

SBモバイルサービス株式会社様の導入事例をご紹介します。ファーストアカウンティングは、会計分野に特化したAIソリューションで、企業の課題である業務改善と生産性向上をサポートします。領収書・請求書などの証憑の読み取りや仕訳の自動化はファーストアカウンティングにおまかせください。

経理業務についてお悩みの方は
お気軽にご相談ください